敏感タトゥー娘とライトSM。そして彼女が気づかせてくれたこと。

りのちゃん二回目。

とんでもないものを背負ってたけど、ヤッたらけっこう満足できて。
数日後にメールでお誘いが来たのでまた会うことにしました。

>>一回目はこちら

水圧を使うから、無理な負荷がかからない。安全安心でペニスサイズが2〜5cmアップ!

週3回以上のペニス増大トレーニングを3ヶ月間行ったユーザーの95%が2~5cmの長さのサイズアップに成功しています。

Amazonで見る

大遅刻からの、お仕置き!

今回は向こうが時間指定したくせに、相変わらずの大遅刻。

だがしかし今夜は待てる。どうせこうなるだろうとライトなSMグッズを持ってきたからです。遅刻を理由にSMプレイで懲らしめてやるのだ。

 

1時間待たされたところで、「お仕置きするね」って宣言しちゃいました。
乳首クリップと吸引器、ローターが本日のお供です。

さっきまで頑張っていたという残業の話を聞きながら適当に走らせ、

「早く触りたかったよー」なんて言いながらおっぱいをなでなで。

「ふふー」

と笑うりのに

「乳首触りたいからブラとってくれる?」というと、
周りを確かめながらも外してくれました。

人差し指と中指で挟み、転がし、だんだん上気するりのの吐息を聞きながら、広いが閑散とした通りの路肩に車を寄せます。

「…え?」

戸惑うりのに、

「お仕置きの時間だよ」と乳首クリップを見せる。

何に使うものかわからずキョトン顔のりのの乳首をクリップでつかみ、ネジで軽く締め上げると、

「あああぁぁっ」と悲鳴を上げます。

「大きい声を出すとだれか来ちゃうよ」ともう片方にもクリップをつける僕。

クリップには鈴がついていて、りのがプルプル震えるたびにチリリンと間抜けな音を立てる。おっぱい丸出し、乳首に鈴をつけたりのにキスをして頭を撫で

「このままホテルまで頑張ろうね」

再度車を走らせました。

 

夜中とは言え対向車には冷や冷やするもんで、すれ違いざまだけ隠すことを許してあげました。

「んっく、あっ・・////」

チリンチリン♪

泣きそうな顔で鈴を鳴らすりののズボンの中には、すでに僕の左手。つるつるしたパンツ越しにクリをひっかき続けています。

突起という突起をいじめられ、すでにグショグショに下着を濡らしているりの。

途中何度かの信号待ちで長いキスをして、走り出したらまたクリをいじめられて、そうやって20分かけてホテルに到着しました。

ホテルでまだまだお仕置きは続く

部屋に入るなりベッドに倒れこむ彼女をひっくり返し、乳首クリップを無造作に引っ張る。

「あうっ!!」

といって仰け反ったところで抑え込み、待ちかねた乳首を舌で、指で堪能しました。

「はぁあっ!ああぁっ!!…んんっんぅぅっ!!」

かわいい矯正がたまらなくて、荒々しく服をひん剥いてやる。りのが大好きな耳、そして首、肩、デコルテと舌を這わせて、もう一度乳首。

「あっ!ぁっ!//// ふぅ‥んんっあっ」

おなか、おへそ、脇腹も敏感で、フェザータッチに合わせて響く喘ぎ声を十分に楽しみます。

「ねぇ、もう・・入れて・・?」

蕩けた顔でおねだりされるとついついあげたくなるけど、まだまだお仕置き。クンニもしたかったので69に持ち込んで、玉舐めさせながらたっぷりマ〇コを堪能しました。

乳首ポンプをクリに使ってみた!

ところでりのはおしりが薄く、下半身はまるきり幼児体型なのです。
前回も思ったけどやっぱりこれは味気ないなぁーと改めて感じて、抱きがいのない腰回りの代わりにクリトリスをたっぷりいじめてやることにしました。

ネジを回すと吸引する簡易ポンプをクリに吸い付かせ、だんだんキツクしていきます。

created by Rinker
World Zakka _ beauty
¥1,480 (2021/06/17 20:35:21時点 Amazon調べ-詳細)

何をされているか見えないりのは悲鳴を上げます。

「えっやだ痛い! あっあっあっ!」

愛液でちょっとずれちゃって、痛かったみたい。
直して再度吸引していくと、目の前のポンプの中ででクリがグググっと起きてきて、皮からぴょこんと剥けてきました。スローで動画とっておきたかったくらい感動的な場面でした。

当然かなりの刺激になっているようで

「っっっっっ~~~!!!!・・・・・っあ!!!」と声にならない声が漏れてきます。

「最後のお仕置きにね、りののかわいいクリを大きくしてるよー笑」

「フェラで抜いてゴックンしたら外してあげるね」

痛みか快感か分からないけど必死に耐えてフェラの猛攻。すぐに終わりじゃつまらないので、こちらもポンプを指で弾いて刺激を与え、応戦します。

マンコをほじりながらポンプをクイクイ動かしたら動きが止まったけど、もともとフェラには弱いので、それでも5分我慢するのがやっとでした。

りのを仰向けに転がして足を広げさせ、クリに吸い付くポンプを観察させます。

「え、なんか怖い、やだやだ外して///」

「ピンクでかわいいねー^^ はい、じゃあとるよー」

と強引に引っこ抜く。

「あヴァぁっ!!!!」

…やはり痛かったらしい。

デカクリをいじめながらの挿入フィニッシュ!

5分の吸引の結果、りののクリはちょっとデカクリになりました。ぷっくりテカテカしてとても愛しい。
半泣きで拗ねちゃったりのを抱きしめて、今度は優しく優しく、せいいっぱい優しく愛撫していきます。

「お仕置き我慢できてえらかったね、よしよし^^」

「もう・・・っ///」

耳首胸~とジワーリ攻めていって、その間にゴムをつけ、脇腹を撫でながら乳首を舐めながら、ジワーっと挿入。

「はあああぁぁぁぁ・・・////」

チンポを喜ぶ声は素直に嬉しい。あったかくてキュウキュウとしまるマンコに、こっちも思わずため息が漏れる。

デカクリを恥骨で押しつぶすようにグイグイ挿入して…

「ああぁっ!!あぅっ!イッ あっ イクッ!!いくぅ・・っ!////」

「あーイクイク、俺も出るっ!ああぁ!」

りののイき声といっしょに果てました。気持ちいがったー!!!!

クリ攻めは楽しかった!が・・・

思いがけずクリ吸引・拡大攻めなんてのができてめっちゃ楽しかったひと時でした。

でもやっぱりなんか足りんなぁーと思うのはやはり抱き心地なのか…。
しっかりした腰回りをギューッと抱きしめるのが好きなので、全体的に細身で薄めのこの子だと、挿入、射精、と気持ちいいんだけど、なんだか心が満足できてないなーって思っちゃったのです。

あとやっぱ、時間ルーズなのはキツイな・・・

 

なんてことを考えながら運転し、待ち合わせた場所でりのを下ろしました。

「また、会おうね」

可愛い笑顔でそう言ってくれたけど、イマイチ気分が乗らず、弱弱とどうにか微笑んで無言でバイバイ。
いっそSM要員としてしばらく関係するかとも思ったけど、りののほうも気が変わったのか、翌週には退会していました。

 

気づけばもうすぐ新年。刺青っ子との一期一会×2を経て、思ったのです。

やはり俺はお尻星人なのだ

と。

~ fin ~

 

※記事のサムネイルの赤いパンツの尻は、りのちゃんのものではありません。

タイトルとURLをコピーしました